HOME>アーカイブ>鳩は自分で駆除してはダメ!業者に任せないといけない理由がある

鳩を放っておくと危険!

鳩の糞が病原菌の媒介となって、健康に害を及ぼすことがあります。

鳩駆除の方法を比較

お金のかからない方法

剣山やヘビの置物を置いたり、テグスを張るなどの方法があり、それなりの効果があります。

効果のある方法

鳩除けネットや忌避剤などがあり、少しお金はかかりますが効果があります。

自分に合った方法を選ぶ

集合住宅などでは景観の問題もあるので、自分に合った方法を選びましょう。

鳩による悩みとは?

ハト

鳩の鳴き声による騒音

鳩が常駐するようになると鳴き声や羽の音などがうるさく、夜も眠れないほどになります。

鳩の糞が不衛生

鳩が住み着くと糞の量も膨大になり、床や窓が汚れるほか、病原菌の媒介となり不衛生です。

鳩による異臭

たくさんの鳩が居着くようになると、窓も開けられないほどの異臭を放つようになります。

手すりなどの金属が腐食

鳩の糞は酸性なので、ベランダや壁の金属部分に付着すると酸化させるため腐食します。

ノミやダニの発生

鳩が居着くようになると、鳩に寄生しているノミやダニがも繁殖をはじめ、人間の血を吸うこともあります。

鳩は自分で駆除してはダメ!業者に任せないといけない理由がある

鳩

鳩駆除を得意とした業者を選ぶ

鳩は頭の良い動物であり、帰巣本能も強いことから、最適な方法で駆除しないとまたすぐに戻ってきてしまいます。そのため、鳩を得意とする駆除業者に依頼するのがベストです。

ハト

法令遵守している鳩対策

鳩は鳥獣法によって保護されているため、毒性のある薬品を使って殺したり、わなを仕掛けて身動きをとれなくするなどの駆除方法は禁じられています。法令に基づいた対策をとっている業者を選びましょう。

鳩

保証やアフターサービス

しっかりと駆除をしても、ひなが成鳥になると帰巣本能によって戻ってくる場合があります。保証やアフターサービスが充実している事は、業者を選ぶ際の重要な基準となります。

まずは相談してみよう!

鳩の被害に悩まされたら、まずは業者に相談してみるのが良いでしょう。

広告募集中