害虫を放っておくと…

噛まれることによって痒みを感じたり、糞や死骸によってアレルギーを起こすことがあるほか、建物が崩壊する危険もあります。

被害が多い害虫ランキング

散布機
no.1

不快度ナンバー1のゴキブリ

ゴキブリは、1匹見つけたら100匹潜んでいると言われています。病原菌の媒介にもなるため、しっかり駆除しましょう。

no.2

見えないから見つけにくいダニ

噛まれると酷い痒みを感じるほか、糞や死骸でアレルギーを起こすこともあります。定期的にダニ駆除をして、繁殖させないようにしましょう。

no.3

知らない間に巣食っているシロアリ

窓やドアが開きにくくなったり、木くずが落ちているのはシロアリのサインです。気づいたら業者に調査してもらいましょう。

no.4

反撃が恐ろしいハチ

むやみに巣に触れると、ハチの集団に刺される危険性があります。場合によっては命を落とす危険もあるので、専門業者に駆除を頼みましょう。

no.5

刺されると高熱が出ることもあるムカデ

大きいものは、体調30センチ以上もあり、刺されると高熱が出ることもあります。見つけたらすぐに駆除しましょう。

シロアリやダニの駆除は業者にお任せあれ!調査もしてくれるから安心

作業員

完全な除去が可能

多くの害虫は、市販のスプレーや忌避剤などを使っても、その場からいなくなるだけでまた戻ってきてしまいます。再び被害を被らないように完全に駆除したいなら、害虫駆除のノウハウに長けた専門業者に頼むのが一番です。

散布機

住宅へのダメージを軽減できる!

専門業者は、家の軒下や屋根裏など、害虫が棲家とする場所全てを調査し、適切な処置を施してくれるため、被害を最小限に抑えられます。被害が拡大する前に駆除できるため、住宅へのダメージを軽減することができます。

作業員

害虫対策の効果もある?!

専門業者は、害虫を駆除するだけでなく侵入経路を塞いだり、忌避剤を塗布してくれるため、駆除後は害虫が寄り付きにくくなります。業者によっては保証を付けてくれるところもあり、保証期間内なら無料で駆除してくれます。

駆除の流れをチェック

作業員

電話やインターンネット経由で申し込む

電話やインターネット経由で申し込むと、現地調査の日程を確認する連絡があります。どのような状況であるのかを一通り説明し、調査日を決定します。

現地調査の実施

家の隅々を調査し、害虫の種類や被害の進行状況などを調べ、報告書を作成してくれます。わからない点なども、質問することができます。

見積もりの作成

現地調査をもとに見積書を作成してくれるので、内容に納得したら契約を行い、作業の日程を決定します。駆除方法も、詳しく説明されます。

作業の実施

専門の器具や薬剤を使って、適切な方法で駆除作業が行われます。見える部分だけでなく、害虫の侵入経路などを見越し、徹底的に駆除してくれます。

作業の完了と定期調査

保証制度のある業者は、害虫が完全に駆除されたか確認するために、5か月から半年後に定期調査してくれます。見つけた場合は、再び駆除作業を行ってくれます。

被害が拡大する前に駆除しよう!

害虫は、放置していると繁殖し続け、被害がどんどん拡大してしまいます。その前に、専門の業者に依頼し、しっかりと駆除するようにしましょう。

[PR]
ダニ駆除なら専門業者に頼むべし!
対応価格がリーズナブル♪

[PR]
シロアリ調査を専門家に頼もう
人気の高い業者を要チェック!